横濱オリツルサイダーBLOG ~横浜とボクのアレコレ?!~

Basic Calendar

<09 | 2017/10 | 11>
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

プロフィール

hey!u!

Author:hey!u!
横浜でオリツルサイダーという地サイダーを製造販売している坪井食品の社長日記。

アーカイヴクラウド

▲NOW

タグそして検索

Excite自動翻訳

文字を大きく・小さく

    QRコード

    QRコード

    ブロとも申請フォーム

    検索フォーム

    スポンサーサイト -----------

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    CATEGORY : スポンサー広告  △Page Top

    今一度、自分を洗濯致したく申し候(笑)~あの路・山本けんぞう著 2009-11-22-Sun

    坂本竜馬は日本を洗濯したいと言ったけど、僕は日本の前にまず自分を洗濯したくなりました(笑)
    この絵本読むと自分を洗濯どころか漂白したくなります(笑)

    003_convert_20091123102457.jpg
    『あの路』山本けんぞう・文  いせひでこ・絵 平凡社

    孤児と三本足の野良犬の物語。・・・っていうとお涙頂戴の物語っぽいケド、そんな安っぽいもんじゃないです。

    本当に淡い表現で、しっかり心に響く美しい文章。
    繊細で、簡潔な物語が深い余韻。

    切ない表現が突きささる

    ~みんなは親切だった。 
      でもぼくはひとりだった。~

    ~ぼくは笑った。三本足も笑った。
      違う笑い方だった。けど、同じ笑いだった。~

    ~三本足が、僕の体のどこもかしこも、くんくんする。
      ぼくの心に変わりがないか、調べるみたいに。
       くすぐったい。~

    物語は三本足が雪の夜、心無いものに悪戯されて後ろ足をビニール紐で結ばれて道端に放り出される処から一気に深まる。切なさが胸にこみ上げる!

    絵がまた素晴らしい!
    この本、子供読んだら心の柔らかい処、かき乱されるだろうなー(笑)

    この本、今年出版された本の中で僕には№1!

    筆者は、東大出た後NHKでテヘラン、プノンペンの特派員を経て退社後の現在カンボジアの地雷原で綿花の栽培の活動している人。たぶん各地で戦争の悲惨な爪痕見て、現在の状況なんだろうけど、こんなに心優しい文章が書ける人だから地雷原の中で現地の人と綿花作れるんだろうなー。

    読んだ後、ボディーブローのように後から後からジワジワ来て、再読して文章の深さに涙が止まらなくなって、その後洗濯機に頭から入りたくなります(笑)


    スポンサーサイト

    CATEGORY : 読んだ本 Trackback 0 Comment 0 △Page Top

    « 40歳の童貞男~意外に大ヒット!大爆笑!ただし複雑(笑) | ホーム | 外事警察~NHKドラマ・・・これは骨太 »


    コメント


    管理者にだけ表示を許可する
     

    トラックバック

    TB*URL

    | ホーム |

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。