横濱オリツルサイダーBLOG ~横浜とボクのアレコレ?!~

Basic Calendar

<10 | 2017/11 | 12>
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

プロフィール

hey!u!

Author:hey!u!
横浜でオリツルサイダーという地サイダーを製造販売している坪井食品の社長日記。

アーカイヴクラウド

▲NOW

タグそして検索

Excite自動翻訳

文字を大きく・小さく

    QRコード

    QRコード

    ブロとも申請フォーム

    検索フォーム

    スポンサーサイト -----------

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    CATEGORY : スポンサー広告  △Page Top

    ボストンマラソン爆弾テロの遺族が犯人の死刑求刑をしないで欲しいと言ってる件 2015-04-22-Wed

    707a5c2c8cc3155b4f71a544dcee3a7f_0_convert_20150421154011.jpeg

    4人の死者と多くの重軽傷者を出したボストンマラソンの爆弾テロ事件、死亡した被害者で唯一の子供マーティン君の両親がアメリカ司法省に犯人の死刑求刑をしないで欲しいと言っているという。

    その理由が死刑制度に反対とか そんなもんじゃなく「政府が死刑を求める理由は分かるが、その刑罰を追求すれば、上訴審が何年にもわたって続き、私たちは人生の最もつらい日を再体験し続けることになる」と説明。「被告が新聞やテレビから消えた瞬間から、私たちは人生と家族の再建を始められる」と述べ、裁判の早期決着を求めている。被告が仮釈放のない終身刑や控訴権の放棄などに同意すれば、司法省が死刑求刑しないことを支持する、としている。

    ちなみにこのご両親、本当に気の毒で同テロ事件で夫婦の3人の子供全員が巻き込まれ一人は死亡、一人は片足切断の重症、もう一人はその光景を見た経験からPTSDを患っているとの事。

    死刑制度が有りか無しかの議論の問題では無くて、こういう理由での嘆願というのには本当に辛いし心が痛くなる。
    でも誤解を恐れず言えば、国の秩序を守るための法であって私刑を禁じる代わりに国が裁く事なのだとすれば、この場合 気の毒な夫婦の意見はどう考えたら良いんだろう?

    大体この裁判、死刑廃止論者の弁護士がボストンのあるマサチューセッツ州じゃ無くて死刑を認めてない州で裁判やろうとした経緯があったり 本当に実際のところ 何をどう考えたら良いんだろう?日本でも死刑廃止論者の弁護士軍団がとんでもない弁護して被害者遺族の旦那さんが戦って色々壮絶だったけど…  なんだか色々考えさせられる話だよね



    スポンサーサイト

    CATEGORY : 日常な感じ Trackback 0 Comment 0 △Page Top

    « 頑張れ 空自F4! | ホーム | マック190店舗閉鎖ご愁傷様なワケ »


    コメント


    管理者にだけ表示を許可する
     

    トラックバック

    TB*URL

    | ホーム |

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。