横濱オリツルサイダーBLOG ~横浜とボクのアレコレ?!~

Basic Calendar

<09 | 2017/10 | 11>
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

プロフィール

hey!u!

Author:hey!u!
横浜でオリツルサイダーという地サイダーを製造販売している坪井食品の社長日記。

アーカイヴクラウド

▲NOW

タグそして検索

Excite自動翻訳

文字を大きく・小さく

    QRコード

    QRコード

    ブロとも申請フォーム

    検索フォーム

    スポンサーサイト -----------

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    CATEGORY : スポンサー広告  △Page Top

    『湯川秀樹物理学講義』を読む! 落ち込んだ時は物理が効く(笑) 2009-10-12-Mon

    確かに帯にもある通り、『さっぱりわけがわからないのに面白い』だった(笑)

    この本は日本人初のノーベル賞(物理学賞)を受賞した湯川秀樹が1974年に日大の学生に3日間2時間づつ行った講義のを高校生レベルでも分かり易い解説を付けたものに、井上やすしとかの本書を読んだ感想の寄稿を収録してる

    確かにサッパリワカラナイのだけれど京都生まれの湯川博士の語り口が上品で、日本語が美しい!
    丁寧で簡潔な解説、注釈で分かった気にさせる(笑)

    002_convert_20091007204354.jpg

    正直物理学の講義そのものはチンプンカンプンだけど途中途中で出てくる話がそっかぁって思うところが多い(笑)

    例えば、『学校で習うような力学はスッキリとした形になっておりまして、そこではそれを構築したニュートン自身が考えていたことの中のやや曖昧なところ、スッキリしないところは落としてあります。はじめの非常にややこしい設計図は、何処かに行ってしまって綺麗に磨き上げられた建築物がそこに残っている。』

    そっかー天才が悩んで考え付いた事を磨きあげて定理だ方程式だと言われても最初から理解しようなんて腰が太かった訳なんだー(笑)

    そうだよな~何でそんなこと考えたのかの過程も知らないから理解が浅くなっちゃう訳だーってかこんな風に思う事自体理系な頭じゃなさそうだけど(笑)

    『この気になる事は失礼して、はっしょちゃうわけです。そして何も気にせずに、さっさと公理を出し、定義したって事になるわけ』とか『だいたい序文からして面白くない本は駄目』とか

    結論(笑)僕みたいな凡人には少し落ち込んだ時、現実を暫し忘れるには、この本使えます。




    スポンサーサイト

    CATEGORY : 読んだ本 Trackback 0 Comment 0 △Page Top

    « このご時世に賑わってる(笑)~関内・うさぎや | ホーム | 尾崎豊に勝った!(笑)~盗んだバイクで走りだされてたまるか »


    コメント


    管理者にだけ表示を許可する
     

    トラックバック

    TB*URL

    | ホーム |

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。