横濱オリツルサイダーBLOG ~横浜とボクのアレコレ?!~

Basic Calendar

<09 | 2017/10 | 11>
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

プロフィール

hey!u!

Author:hey!u!
横浜でオリツルサイダーという地サイダーを製造販売している坪井食品の社長日記。

アーカイヴクラウド

▲NOW

タグそして検索

Excite自動翻訳

文字を大きく・小さく

    QRコード

    QRコード

    ブロとも申請フォーム

    検索フォーム

    スポンサーサイト -----------

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    CATEGORY : スポンサー広告  △Page Top

    深夜の赤ちょうちん~若葉町・おでん【ぐてんぐてん】 2009-09-15-Tue

    昨夜は吞み会終えた後、少し小腹が空いたので町内のおでん屋さん『ぐてんぐてん』へ(笑)

    010_convert_20090915120133.jpg


    ここは古くからの、うちのお得意さん。自分とこの自慢になっちゃうけどチクワブを食べてみて。
    今ちくわぶって殆ど売られてるものは真空パック。

    うちも勿論真空パック扱ってるけど、売ってって言うのもなんだが、やっぱり真空は不味いよ(笑)
    それに塩分控えめの時流で、もはやちくわぶと言うよりスイトンみたい

    小麦粉練って木の棒に巻きつけて荒塩摺り込んで、型に入れて生蒸気で炊き上げる。子供の頃、型からはみ出した部分は、棒から抜く作業のお手伝いのお駄賃だった。

    012_convert_20090915120218.jpg

    熱々のしょっぱい出来たてのチクワブは本当に旨い。よく関西の人で関東に出てきて初めてチクワブ食べたら不味かったーって話をよく聞く。正直そうだろーなーって思う。真空パックの塩分抜かれた柔らかいちくわぶなんて気色悪いだけだ。

    生、もしくは冷凍で流通する町のちっちゃいコンニャク屋さんがこしらえたチクワブは、表面が真空パックものみたいな滑らかじゃない、荒塩が貼り付いて後溶けだしたブツブツの跡がある。

    煮込んで柔らかくなっても旨いが、実は本当のチクワブは芯が残った状態の方が旨い。
    外側のもっちりの最後に、芯の歯ごたえ。造ってる側からすると理想のちくわぶはそんな感じなんだよね。

    スポンサーサイト

    CATEGORY : 横浜のお店 Trackback 0 Comment 0 △Page Top

    « スーツをオーダーする。 | ホーム | エアデールテリア!~我が家の愛犬~ »


    コメント


    管理者にだけ表示を許可する
     

    トラックバック

    TB*URL

    | ホーム |

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。