横濱オリツルサイダーBLOG ~横浜とボクのアレコレ?!~

Basic Calendar

<09 | 2017/10 | 11>
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

プロフィール

hey!u!

Author:hey!u!
横浜でオリツルサイダーという地サイダーを製造販売している坪井食品の社長日記。

アーカイヴクラウド

▲NOW

タグそして検索

Excite自動翻訳

文字を大きく・小さく

    QRコード

    QRコード

    ブロとも申請フォーム

    検索フォーム

    スポンサーサイト -----------

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    CATEGORY : スポンサー広告  △Page Top

    横浜中華街~今昔ものがたり 2010-04-05-Mon

    こないだボクとほぼ同じ年の中華街の老舗の女性社長さんと呑む機会があって、いろいろ中華街の話が聞けて面白かった(殆どココには書けない凄い話ばかりだったけど・笑)

    へーって思ったのは中華街が今の規模になるまでの話。中華街がメインストリートから枝を伸ばすように路地にお店が増えて中華街自体が拡大していったワケだケド。

    メインストリートの大店の店主たちが閉店時間を早くする事を申し合わせて、メインストリートが閉まるとお客さん達が横に伸びる路地に入っていくようにして街自体の活性化を図ったとか(まぁその中国人の新規店達の開業資金は…なんだケド・笑)

    中華街も時代とともに様変わり。みなとみらい線の開通を機に色々変わってきたみたい。先ずは観光地化が一気に進んで客層の若年化。若年化すると、この不景気も手伝って客単価も一気に下がったとのこと

    観光地化されて飲食店以外が、特に土産屋が増えた。客層の若年化によって店頭販売の中華まんやら飲茶モノで食事がファーストフード化されてコース料理だなんだ食事には散財しなくなる。

    すると料理店の方は今度は値下げ、食べ放題等のディスカウントに走るようになって一気に中華街全体の客単価を下げる結果になったと

    『皇朝』さんが始めた店頭にモニターを設置してテレビで放映された自社製品を食べて『美味しい』『うまい』を連発し看板には首からメダルをぶら下げて中国のなんかのチャンピオンやらなんかのお墨付きの中国人料理人の写真がドカーンと書いてある。みたいな店が皇朝の成功をきっかけに増えて、その手に弱い方々や行列して食べ物待つのが好きな人種のニーズに応えてる。

    食べ放題も増えた。唯のコース料理で品数で競うなんて時代は終わりフカヒレ三昧、上海ガニだのシーシェパードもビックリの状態でしかも激安だ。

    笑っちゃうのはお客さんの質が変わったって最近のお客さんのキーワード『人より得したい!』とにかく食器が無くなるらしい(笑)スプーン、箸、ナプキンなんでも持って帰っちゃうって(笑)

    『絆創膏下さい』『薬ありますか?』もここ最近増えてるって。あと初めて来て『裏メニューありますか?』って聞くのも多いらしい(笑)

    まー結局何の商売も大変だねーって事ダナ(笑)



    スポンサーサイト

    CATEGORY : ヨコハマな感じ Trackback 0 Comment 1 △Page Top

    « 女の子は変わるわー(笑)先言ってくれよ!っての | ホーム | 桜木町新しく出来た駅ビル『TOCみなとみらい』に行ってみた! »


    コメント


    管理者にだけ表示を許可する
     

      | URL | 2010-04-05-Mon 19:59 [EDIT]

    面白く読んだよ


    トラックバック

    TB*URL

    | ホーム |

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。