横濱オリツルサイダーBLOG ~横浜とボクのアレコレ?!~

Basic Calendar

<09 | 2017/10 | 11>
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

プロフィール

hey!u!

Author:hey!u!
横浜でオリツルサイダーという地サイダーを製造販売している坪井食品の社長日記。

アーカイヴクラウド

▲NOW

タグそして検索

Excite自動翻訳

文字を大きく・小さく

    QRコード

    QRコード

    ブロとも申請フォーム

    検索フォーム

    スポンサーサイト -----------

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    CATEGORY : スポンサー広告  △Page Top

    立川談春25周年スペシャル独演会に行ってきた! 2010-03-28-Sun

    東京厚生年金会館が今月末で閉館最後の3日間は立川談春、さだまさし、松山千春ってラインナップ(笑)その立川談春25周年スペシャル独演会に行ってきた!

    003_convert_20100328163401.jpg

    演目は『粗忽の使者』『愛宕山』『たちきり』大きなスクリーンを持ち込んで以前の師匠談志の独演会時の二つ目の談春の映像や現在の愛宕山の様子、噺の中で出てくる『かわらけ投げ』が現在でも出来る高雄山の神護寺の様子が映し出された。

    肝心の噺は『粗忽の使者』は軽く演じて小気味が良くて『愛宕山』は見せ場の山登り部分はなかなか。かわらけ投げ部分は桂枝雀の印象が強いせいか大人しい感じ。

    『たちきり』は少し気迫が空回りしてる感じ。途中で小糸を小春と呼んじゃったり(笑)
    若旦那の蔵の中での心情描写が分かりづらいのと、番頭さんの葛藤が少し重すぎるのとで小糸の哀れがあまり前に出てこないから、おかみさんのとつとつとした独白が少し遠い感じ

    でも流石当代きっての人気噺家、緊張感があって見事でした。久々に落語を生で見たけどやっぱ良いね。楽しかったです。

    スポンサーサイト

    CATEGORY : ライブ! Trackback 0 Comment 0 △Page Top

    « NINE賛否両論あるだろうケドっ!こりゃ最高っ! | ホーム | アラフォー女とルーキー男…ダーマが今度は出会ったその日に妊娠? »


    コメント


    管理者にだけ表示を許可する
     

    トラックバック

    TB*URL

    | ホーム |

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。