横濱オリツルサイダーBLOG ~横浜とボクのアレコレ?!~

Basic Calendar

<05 | 2017/06 | 07>
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

プロフィール

hey!u!

Author:hey!u!
横浜でオリツルサイダーという地サイダーを製造販売している坪井食品の社長日記。

アーカイヴクラウド

▲NOW

タグそして検索

Excite自動翻訳

文字を大きく・小さく

    QRコード

    QRコード

    ブロとも申請フォーム

    検索フォーム

    スポンサーサイト -----------

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    CATEGORY : スポンサー広告  △Page Top

    親孝行プレイ!~みうらじゅん著・完璧な実用書! 2010-02-04-Thu

    もう拍手喝采だ!巷じゃ最近MJと云えばマイケル・ジャクソンだがこの本読んだ人は皆口を揃えてMJとは『みうらじゅん』だと言うだろう(笑)

    005_convert_20100204184255.jpg


    本のタイトル『親孝行プレイ』最近ウチの親も歳取ってきた恥ずかしい事に、この歳まで親孝行らしい事をした事が無い。結婚したり孫の顔見せるなんてのも無いし、こりゃいかんなーっと思ったもののどうやるんだ?親孝行って(笑)

    そこで手にしたのがこの本!親コーラー(親孝行の実践者の呼称)みうらじゅん氏(以下敬意をこめてMJと呼ばして貰う)が説く親孝行のハウトゥ本(笑)

    序文にエッセンスが集約されていて始めから目から鱗だが、引用させてもらうと…
    …これだけ生活様式が変わったというのに、それに見合う親孝行がまだ開発されていないのだ。生活様式が変わった時点で親孝行の新しいスタイルを模索していれば、今日のような親孝行多難の時代を迎えなくてよかった…

    …そして私は現代日本に向けて宣言できる、親孝行の正しいスタイルを提唱する事になったのである。
    『親孝行とはプレイである』(笑)

    本は親孝行の心構えから入り、MJは『えなりかずき』から学べと説く天真爛漫な幼少期なんてものは無く、皆結構親が喜ぶ天真爛漫を演じて喜ばせてたじゃないかと、思春期あたりからそれをやめてしまったが、『えなり』は未だに親の喜ぶそれのまま成長したのがスゴイのだと(笑)そんな『えなり』をMJ評して『無敵』(笑)

    その昔、親子2代同居当たり前の日本では『だれでもえなり』が『おとなになってもえなり』になるのに障害物が無かった。そうはいかない現代こそ『ときどきえなり』を推奨すると言ってる(笑)

    そして実践『親孝行の晴れ舞台・旅行編』では『親孝行 自分で選ぶな 旅行先』とし、えてして初めての親孝行旅行では親と喧嘩になるケースが多く、親が『こんなとこ来たくなかった』を始めるから気をつけろと(笑)

    その後も『父親だけを誘って寿司屋に行こう編』では寿司屋選びのコツとして味云々では無く良いタイミングで『それじゃお父さん若いころモテたでしょ!』が言える大将の居る店を選ぼうとか(笑)

    とにかく大笑いなんだケド、MJの親への愛に心温まる!ヘンな親子愛感動モノなんかよりよっぽど良い。
    それに実用的(笑)よーし親孝行プレイ今年キックオフしよ(笑)

    スポンサーサイト

    CATEGORY : 読んだ本 Trackback 0 Comment 0 △Page Top

    « 肩甲骨は翼の名残…宮崎駿推薦。確かに好きそう! | ホーム | 来るのか?小村雪岱(笑)~芸術新潮特集とブルガリのチョコ »


    コメント


    管理者にだけ表示を許可する
     

    トラックバック

    TB*URL

    | ホーム |

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。